アプリ屋になりたいブログ

アプリ屋になりたいブログ

アプリの開発と仕事の効率化について紹介するブログ

【合格までの道】AWS認定クラウドプラクティショナー

皆様、こんにちは。

ここに記事を読みに来たということは

・AWS認定を受けたい
・まずは入門編から

という人が多いと思います。

そしてAWS認定に関してはちょっと情報が少ないです。
なので私がAWS認定クラウドプラクティショナーを合格するにあたってどのような勉強をしたのか、
最短で合格するにはどうしたらよいか紹介していこうと思います。

ちなみに先に言うと、私は10時間程度の勉強で770/1000点でした。(割とギリギリ)

AWS認定とは

AWS認定とは、その名の通りAWS(アマゾンウェブサービス)の知識をどの程度持っていて、
それを他人に紹介できるかの証明になるような試験です。

会社の人にAWSを説明したり、または社外の人に自分がどれだけ
AWSをちゃんと扱えるかなどの証明になります。

現在(2019/11時点)ではAWS認定は11種類が公開されています。
AWS 認定 – AWS クラウドコンピューティング認定プログラム | AWS

  • プロフェッショナル
    1. ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル
    2. DevOpsエンジニア - プロフェッショナル
  • アソシエイト
    1. ソリューションアーキテクト - アソシエイト
    2. SysOpsアドミニストレーター
    3. デベロッパー
  • 基礎コース
    1. クラウドプラクティショナー
  • 専門知識
    1. Alexaスキルビルダー
    2. 機械学習
    3. 高度なネットワーキング
    4. セキュリティ
    5. ビッグデータ

上記を見てもわかる通り、クラウドプラクティショナーはAWS認定資格の入門編にあたります。

AWS認定クラウドプラクティショナーの概要

出題範囲

分野 比重
クラウドの概念 28%
セキュリティ 24%
テクノロジー 36%
請求と料金 12%

回答方法

  • 択一選択問題

 4つの選択肢から1つを選択します。

  • 複数選択問題

 5つの選択肢から2つを選択します。

合格ライン

試験時間は90分です。
出題数は65問です。

そして合格ラインは700/1000点です。

勉強方法

さて私が実際に実施した勉強法を紹介していきます。

AWS認定の紹介動画を見る

以下のサイトの動画でまず全貌をサラッと見ました。
aws.amazon.com

1時間程度の動画でサラッと全体を把握できます。

正直動画内で実施している問題は簡単すぎますが、最初に概要を把握するには非常に良いと思います。

参考書を1冊読む

現状クラウドプラクティショナー用に出ている参考書でかなりわかりやすかったです。
 AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー

AWS認定クラウドプラクティショナーに必要な知識がほぼ載っています
300ページ弱なので、5時間程度かければ読めます。

私の読み方としては以下のように読みました。

  • 1周目 とりあえず飛ばさず全部読む、章末問題も解く(5時間程度)
  • 2周目 太字を追いながら流し読み、章末問題も解く(1時間程度)
  • 3週目 章末問題のみ解く、間違った部分を復習する(1時間程度)

大体1周目で、全貌と何を聞かれるのかの傾向がわかります。
傾向としては、サービスが何をするものなのか、どのような特徴があるのか

2周目読み直すと、自分の頭からこぼれいてたものをキャッチアップできます。

3周目は試験前日に行いました。

ホワイトペーパーを流し読む

アマゾンウェブサービスの概要
クラウドコンピューティングのための アーキテクチャ・ベストプラクティス
AWS料金表の仕組み

上記のホワイトペーパーを流し読みしました。

あまり時間はかけませんでした。(2時間程度)
正直前述した参考書である程度事足りるからです。

しかし確実に読んでおいたほうがいいです。

同じことを別の書き方で言われると、割と自分の知識がふわふわしていることを自覚できるからです。

受験後まとめ

私は結果としては770点での合格でした。
少し危ないぐらいの点数でしたね。

30分くらいで試験は終わって20分くらい見直しをしたので、
時間的な焦りはなかったです。

実際に受験したのちに感じたことは以下の通りです。

  • 少し日本語訳が変な時があるので、「原文表示」ボタンを活用すべし
  • 参考書だと「請求と料金」が少し足りない

やはり英語が原文の試験なので、少し問題は読みにくかったです。
また請求と料金の範囲はホワイトペーパーでもっと読んでおけばよかったなと感じています。

まとめ

結果的にはほぼ参考書を読むだけで行けました。

コツとしては、似たようなサービスで、どのような時に使うと有用
そのあたりを理解するようにすれば割と簡単です。

皆さんもサクッと合格して、自信に繋げてみてはいかがでしょうか。

f:id:bocbocmm6:20191104011119p:plain